おしり脱毛の料金まとめ

- 全身脱毛でお尻もすべすべに

全身脱毛でお尻もすべすべに

綺麗なおしりといったら、男性でも女性でもつるつるのぷりんとしたお尻を想像することでしょう。足や腕ほど露出させる機会があるわけではありませんが、お尻は全身脱毛において重要な部位です。また、自分ではなかなか直接見るわけにも行きませんから、自力での脱毛が極めて困難な部位でもあります。足や腕をクリームやワックス等で脱毛している方でも、おしりやデリケートゾーンは専門家に脱毛してもらうのが普通です。
おしりの脱毛は「おしり(=いわゆる「臀部」)」と「Oライン(=肛門を中心とした直径6cm)」の2つに分類され、それぞれ別の脱毛として行われます。広い範囲を扱うおしりに対して、Oラインは部位が奥まっていることから、やることが全く異なるからです。当然料金も別になりますが、デリケートゾーンの脱毛をひとまとめにしてセット価格を設定しているエステもありますので、興味がある方はチェックしてみるといいでしょう。
Oラインは特に、脱毛してもらう時に恥ずかしさを感じる部位です。うつぶせになり脚を開く、さらにおしりを広げられOラインはのぞき込まれる、光やレーザーを照射するためのジェルを塗られる、輪ゴムを当てられるような痛みがある、ということまでは覚悟が必要になります。しかもきれいに脱毛して新しく生えてこなくなるようにするまでには何度も通う必要があります。
しかし何度もやっているうちに慣れてしまいます。最初はとても痛いのですが、生え変わった若い体毛を脱毛するのはそれほど痛くないそうです。

Oラインの料金はいくらぐらいかかるの?

Oラインは極めてデリケートな部位ですから、ここの脱毛はワックスで一気に引き抜いてしまったり脱毛クリームを塗って溶かしてしまったりというわけにはいきません。機械で光を当てたり一本ずつ抜いていったりといった工程を踏みますし、一旦脱毛してから次に生えてくる若い体毛をまた処理することから、一定の期間を設けて何回かに分けて行っていくのが普通です。例えば「脱毛ラボ」では、Oラインの脱毛は6回で¥15,448という価格に設定されています。
1回あたり3,000しない、というのは魅力かもしれませんが、そこまでやるのなら月額¥10,778で月2回、全身22箇所の脱毛ができるコースがあり、この22箇所にはVライン、Iライン、Oラインが含まれていますから、相当お得なのではないかと思います。
Oライン脱毛の失敗談として、V、Iラインを脱毛してからOラインが気になり出したのだけれども、後から追加して脱毛すると追加料金が余計にかかってしまう、というものがあります。
それならいっそのこと、というわけで最初からVIOとしてデリケートゾーンの脱毛をセットで行ってしまうコースを用意してくれているところが今や一般的です。「ミュゼプラチナム」ではVIOを総称して「ハイジニーナ」と言っていますが、4回で¥36,244となっています。Vラインの通常価格が1回¥3,800、IラインOライン共に4回で¥12,960ですから、VIO4回の通常価格は¥41,120となり、約12%お得になります。
さすがに鏡などを使って自力で脱毛するわけには行かない部位ですから、しっかりしたプロにやってもらうべきです。

更新情報

[2016-11-21]
全身脱毛でお尻もすべすべにの情報を更新しました。
[2015-07-22]
美容外科脱毛のメリットの情報を更新しました。
[2015-07-22]
Oライン脱毛、覚えておいたほうがいいことは?の情報を更新しました。
[2015-07-22]
サイトマップの情報を更新しました。
ページ上に戻る